猫には水道水で大丈夫!猫が喜ぶ器の選び方と給水機のメリットデメリット

みなさん猫の飲み水はミネラルウォーターを与えていますか?それとも水道水のお水を与えていますか?猫にとってどちらがいいのでしょうか。水を用意したけどあまり飲んでくれないんだけど、どうしたらいいの?猫が毎日飲むお水の事ですから気になりますよね。今回は猫のお水について調べてみました。

猫と水の関係

猫は水をあまり飲まない

猫の祖先は砂漠や乾燥した環境で暮らしていたので、少量の水でも平気なのです。猫は砂漠で獲物を捕獲してその獲物の水分で水分補給しており、足りない水分は水を飲んで補給する生き物なのでした。そのためゴクゴクとお水を飲む猫は珍しいと言えます。

ちなみに水や雨はすっごく苦手なんだよ。雨降りの日は寝るのが一番!

では砂漠ではなく室内で暮らす猫の場合、一体一日にどのくらいの水が必要なのでしょうか?猫に必要な水の量は猫の体重1キロに対して約60ml~70mlだと考えられています。

  • 1㎏ 60ml~70ml
  • 2㎏ 120ml~140ml
  • 3㎏ 180ml~210ml
  • 4㎏ 240ml~280ml
  • 5㎏ 300ml~350ml

一度水の量を計量カップで測って水を置いておき、取り換える際にもう一度計量カップで測ってみるとどれだけ飲んだのか分かります。多少水分は蒸発するので正確ではありませんが大体の量が把握できます。猫が飲む水の量は猫の健康のバロメーターと言っても過言ではありません。

水道水?ミネラルウォーター?

ではみなさんは猫にどのようなお水を与えていますか?うちでは私が飲んでいる水道水を猫にもそのまま与えています。日本の水道水はとてもきれいで美味しいと思います。人や猫がそのまま飲めない水道水は日本には存在しないのではないでしょうか。日本水道協会は「蛇口からそのまま出た水が飲めないところはない」と断言していますので水道水を与えることに問題はないと思います。

軟水ってなあに?

日本の水道水は地域によって様々ですが大体40~70の軟水です。水は硬水と軟水に別れますが、これは水に含まれるミネラルの含有量によって分けられます。含有量が少ない水が軟水、ミネラル豊富な水が硬水です。猫の腎臓に負担がかからない水は含有物が少ない軟水の水道水なのです。ですから「おいしい」「質が良い」という理由からミネラルが豊富なミネラルウォーターを猫に与えなくてもよいのです。

シニア猫の約3割~4割は腎臓病を患っているようです。長い年月を掛けて徐々に腎臓機能が低下していきます。若いうちから腎臓に負担を掛けない生活を心がけてあげる必要があります

水道水なら経済的負担も軽くなるのでうれしいですね!

またカルキを抜くために浄水器を利用しているお宅も多いと思いますが、カルキを抜くと雑菌が繁殖しやすくなり、水が傷みやすいです。

カルキを抜いたお水を猫の飲み水にする場合はこまめに取り換えてあげるといいですね。

MEMO
それでもやっぱり水道水に抵抗のある方にはペット用のミネラルウォーターをためしてみてはいかがでしょうか。超軟水やマタタビが添加された物など様々ですが腎臓に負担がかかる添加物はないので「おいしくて安全」です。

どうしたら水を飲んでくれるの?

猫のお気に入りの器をみつけよう

冒頭にも書いたように、猫はもともと水をたくさん飲みません。猫が水を飲んでくれなくて心配という人も多いと思います。病気にならないか?大丈夫なのかな?と気になりますよね。

ぼくたち、水はあまり飲まなくても平気なんだよ。

水を飲まないことが原因で尿石症、膀胱炎、慢性腎不全などの病気になる事もあるので、最低限のお水は飲んでほしいですね。そんな時はお水の置き場所や、数、器の種類を工夫してみましょう。

猫のエサスペースのフードの横にお水を置いてあるケースは多いと思いますが、猫は私たち人間の食事のように「ごはん」を食べて「おかず」を食べて、お水を飲むような習慣はありません。

良かれと思って置いているエサの隣のお水は大体猫ちゃんにはあまり必要がないのです。洗面所に溜まっている(飲んでほしくない)水をおいしそうに飲んでいることありませんか?

うっかりテーブルに置いたままのコップに猫が顔を突っ込んで飲んでいることありませんか?猫ってそのお水は飲まなくていいよ~!って水を飲むことが多いです。

これは猫の本能的な習慣で、あえてエサ場から遠い場所のお水を飲むのです。エサの匂いがする場所で水をあまり飲もうとしません。ですから猫のお水は室内に数か所設置するのがよいでしょう。

こうすることで「あ、今お水飲みたい!」と思った時に近くに水があれば飲んでくれるでしょう。

また飲み口が広い物を選ぶの大事です。神経質な猫の場合、水にヒゲ触れるのを嫌がるケースがあります。ヒゲが水に触れないくらいの大きな飲み口の器を用意してみましょう。

猫の好みも様々で、陶器の器が好きな子、プラスチックの器が好きな子、いろいろな種類の器を用意して、猫の好みを見つけることも大事ですね!

自動給水機のメリットデメリット

猫の中には置いてある水には興味を示さないのですが、流れる水には興味をひかれる猫もいるようです。その場合は中央から水が湧き出てくる自動給水機や水道の蛇口のように水が滴るタイプの給水機を活用してみてください。

自動給水機のメリットその1 ろ過機能付きで綺麗なお水

お水のボウルをみると大体猫の毛が混入してしまっています。あれだけ毛が抜けるので仕方ありませんが自動給水機であれば猫の毛や埃などフィルターがキャッチしてろ過してくれるのでいつでも綺麗なお水を飲むことができます。また流れる水に好奇心を掻き立てられる猫も多いようです。まさにハンター気質ですね。

自動給水機のメリットその2 水を飲む量が増える

自動給水機を好む猫は多いようです。興味を持って積極的に飲むことで脱水症状や尿路感染症の予防にもなります。

デメリット その1 掃除の手間がかかる

陶器や一般的なお水の器に比べると掃除の手間がかかります。本体のお手入れが多少面倒に感じるかもしれませんね

デメリット その2 電気代がかかる

やはり電気を使用するので多少なりとも電気代が発生します。電気代はそれほど高いものではありませんが常に稼働している物なので少しでも節約したいとお考えならば、長時間留守にする時や外出中だけ自動給水機にするなど使い分けるのも良いかもしれません。

ちなみに自動給水機のタイプにもよりますが一カ月の平均電気代60円程度です。ただしろ過フィルターは定期的に交換の必要があるので別途費用が必要になります。

デメリット その3 おもちゃになる可能性も

お水を怖がらずチャレンジ精神旺盛な猫ちゃんの場合、お水遊びが始まる可能性はあります。帰宅したら水浸しだった!なんてことになるかもしれません。

  • 猫には新鮮な水道水がよい。
  • ミネラルウォーターをあげるなら軟水を。
  • 水飲み場はたくさん作る
  • 好みの器を利用しよう

猫ちゃんにはたくさんお水を飲んでもらい、病気の予防をしましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です