飼ってみてわかったスコティッシュフォールドの性格 

スコティッシュフォールドの意外な性格とは

実際に飼ってみてわかったスコティッシュフォールドの性格をピックアップしたい思います。人気猫種なので飼うことを検討されている方も多いのではないかと思います。ぜひ参考にしてみてくださいね。

データ
猫種:スコティッシュフォールド

性別:メス 避妊済

生年月日:2016年8月21日生まれ

毛色:ダイリュートキャリコ

名前:ごま

スコティッシュフォールドあるある その1 

毛も体も柔らかくてふわふわ

実家では保護したノラ猫を3匹飼っています。三匹すべてミックスの女の子(避妊済)なのですが、三匹とも、とても筋肉質でガッチリしています。高いキャットタワーもガシガシと爪を立ててよじ登ります。野性味あるれるスタイルはまるでスプリンターのようで力強くかっこいいです。一方でうちの愛猫はとても柔らかいです。

抱き上げるとぐんにゃりとして腕の中からすり落ちそうなくらいしなやかな体つきをしています。被毛も滑らかで柔らかいです。肉食ハンターとは思えないふっくらとした体をしています。

柔らかくてふわふわな猫種
ラグドール・エキゾチックショートヘア・ペルシャ猫

スコティッシュフォールドあるある その2 

本当に猫?運動音痴!

目の色を変えエネルギッシュになっておもちゃで遊ぶことがありません。じゃれ方が非常に穏やかでまったりしています。運動量はかなり少ないのではないかと思います。遊んでいるうちに疲れてペタンと横になったり、息が荒くなるので激しい運動は苦手なようです。また高いところに飛びのることは稀で、うちの猫の場合70センチの高さの場所から飛び降りる時でもかなり慎重になり、自分が飛び降りることができる高さなのかどうか頭の中でシミュレーションしている様子。その場で行ったり来たり、ほかに下に降りるルートはないかとうろうろしています。危なっかしくて見ていられません。

運動が苦手な猫種
ペルシャ猫・ラグドール・ブリティッシュショートヘアー

スコティッシュフォールドあるある その3 

にゃにゃにゃんとひとりごとや寝言が多い

楽しい時やうれしい時に「にゃにゃ」と独り言をいいます。気持ちよく寝ている時に上から寝顔を覗くと手足をグーンと伸ばして「にゃにゃ」と鳴いてまた眠ります。「あぁ 気持ちいいわぁしあわせ」とでも言っているようですね。

また寝ている時にたびたび「にゃむ・・・にゃ・・・」と寝言を言っています。脳は起きているけど体は眠っている眠りの浅いレム睡眠状態の時は夢を見ることがあるので、寝言を言っている時はきっと夢の中で遊んでいるのでしょう。

スコティッシュフォールドあるある その4 

人懐っこくて人見知りをしない

宅急便や知人が来てもあまり動じることがありません。チャイムが鳴ると「こんにちは~。おたく誰?わたしに用事?」といった感じで玄関までお出迎えしてくれます。人見知りはあまりせず、人懐っこい印象です。ですが不審者にはきちんと反応するようです。風邪をひいていた娘がマスクを着用してキャップを深くかぶり玄関で靴を履いていた時、それを見たごまちゃんは背中を弓のように曲げて大きな声で「シャー!!!」「あっちへ行け!」と威嚇していました。猫は恐怖と不安を感じた時に「こっちに来ないで!」という意味を込めて威嚇をするときがあります。

スコティッシュフォールドあるある その5 

とても温厚でおとなしい

噛むこともひっかくこともめったにありません。「おっとり」「おだやか」「温厚」といったところでしょうか。

スコティッシュフォールドあるある その6 

イレの砂かけがへた

用を足した後、彼女なりに一生懸命砂をかけてにウンチを隠そうとします。しかし幾ら砂をかけても匂いが気になるのか、かけてもかけても気が済まない様子でさらに砂をかけます。するとまた隠したウンチが出てきてしまい、さらに砂をかけ続けます。砂かけエンドレスですね。トイレが相当長いです。しかもトイレの周りは砂だらけ。お世辞にもトイレ上手とは言えません。

猫がトイレの砂かけを上手にできない原因はいくつか考えられます。

トイレの砂が少ない・・・猫砂の量は3センチ~7センチが理想です。猫の体の大きさに合わせて調節してみましょう

・トイレの砂が気に入らない・・・砂が重かったり粒が大きくて猫が上手に扱えないケースがあります。

・トイレが狭い・・・体に対してトイレが小さいと上手に砂をかけることができません。少し余裕のある大きさに変更するとよいでしょう

・基本的に砂かけが下手・・・3割くらいの割合で砂かけをしない・もしくは砂かけが下手な猫がいるようです。

スコティッシュフォールドあるある その8 

控えめだけど甘えん坊

ややストーカー気質ともいえるでしょうか。犬のようにどこにでも私の後を付いてきます。私が部屋を移動すれば、少し距離を置いて必ず後を付いてきます。まるで探偵に尾行されているかのようです。そして移動した場所で私が座れば彼女も少し離れたところで座ります。どうでしょうか、半径1メートル~2メートルほど距離はあるでしょうか。びったり真横につくわけではありません。1~2メートルが彼女のパーソナルスペースなのでしょうか。

もっとそばに寄りたくて私のほうからパーソナルスペースに入り込むと彼女はどこかへ行ってしまします。程よい距離感が難しいですね。とにかくいつも飼い主を確認したいようで、常に見える場所に座ってこちらを見ています。守り神様のような存在ですね。

ちなみにおもちゃで遊んでほしい時はおもちゃ箱の前や落ちているおもちゃの前に座ってこちらを見つめることで「遊ぼう」アピールをしてきますよ。とても控えめなのですがとても甘えん坊な猫種と言えますね。

オス猫はどちらかと言うとやんちゃで好奇心旺盛で活発と言われています。メス猫はクールでミステリアス、気まぐれタイプが多いようです。うちの猫はまさにメス猫ですが、性別問わず猫は存在自体がすでに癒しです。かわいいだけでなく、たくさんの癒しを与えてくれる猫。どの猫種も魅力たっぷりです。どうぞ楽しい猫生活を送りましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です