猫草と猫が絶対食べてはいけない危険植物とは

猫草って何?猫に必要な物なの?

みなさん猫草はご存知ですか?ホームセンターやペットショップで鉢に植えられた猫草なる物をみかけますよね。猫草は必要なのでしょうか?置いた方がよいのでしょうか?

猫草とは?

猫草とは別名グラスキャットと呼ばれます。猫草とは猫が好んで食べる草の総称です。イネ科の植物で代表的な品種は燕麦です。他にコムギ・オオムギ・ワカバなど、どれもツンツンと細長くて葉っぱが尖っているのが特徴です。あまり成長せず、ある一定の長さまで伸びると成長が止まり穂先から枯れていきます。

無印良品公式HPから引用

猫草を食べる4つの理由

おなかにたまった毛玉を吐くため

猫はグルーミングする際に自分の毛を飲み込んでしまい、次第にその毛がおなかにたまり毛玉となります。親指程度の毛玉なら問題がないのですが、それ以上に大量にたまると食欲不振や吐き気などの症状が現れ、酷い場合は腸に流れ腸閉塞になることがあります。猫は猫草を食べることでおなかの中に刺激を与えて毛玉を吐いてすっきりさせていると考えられています。

便秘解消に役立つ

猫は水をあまり飲まないので非常に便秘になりやすい動物です。グルーミングの時に飲み込んでしまう毛も便秘に拍車を掛けているようです。猫草には食物繊維が豊富なのでその予防のために積極的に食べる猫もいるようです。肉食系の動物は植物を消化する能力が劣るので猫草を食べることで便通が良くなるようです。

食感が好きだから?

あのシャキシャした食感が好きで食べている猫もいるようです。フードやおやつでは味わえない食感なので独特の噛みごたえがたまらないのかもしれませんね。もしかして猫が好むニオイもあるのかもしれません。食べることでストレスも解消できるようです。

栄養補給のため

猫草にはミネラルとビタミン、葉酸などの栄養素が含まれています。猫は自ら足りない栄養素を補給する習性があるので栄養補給するアイテムとして食べているのも知れません。ただ猫は食べ物をすりつぶす歯がないので、栄養素を摂取できているのかは疑問が残ります。

食べない子もいる?

猫にとって絶対に必要なものではないので、用意しても全く興味を示さない猫もいるようです。「毛玉対策に与えたけど食べなくて心配」という方もいらっしゃると思いますが、その場合は小まめにブラッシングしてあげたり、毛玉ケアできるフードを与えてあげるといいですね。もしかして体調が悪いと感じた時やストレスがたまった時に食べ始めるかもしれないので、邪魔でなければ部屋の片隅に置いておくとよいかもしれません。

与える時の注意点

食べすぎに注意

なんでも食べすぎはよくありません。食べだすと止まらなくなる猫や食べ過ぎて吐いてしまうような場合は量に気をつけてあげましょう。

子猫老猫は体に負担がかかる

吐くと言う行為は喉や胃の粘膜にかなり負担がかかります。子猫や体力がない老猫には与えない方がよいでしょう。

自家栽培化か購入してきた物を与えましょう

路上に生えている草は農薬がついていたり衛生上よくないのでホームセンターやペットショップで購入した物や、自家栽培した新鮮な物を与えるとよいでしょう。猫草のお水は毎日取り換えて新鮮な状態を保つことが大事です。

猫草は食べても食べなくても問題ないので、猫が喜ぶのならおいてあげましょう。また飼い主さんが園芸栽培して育てた猫草を愛猫に与えるのも楽しそうですね。

それ猫草じゃないから!猫が食べると危険な観葉植物

猫草を食べる猫はもしかして家に置いてある別の観葉植物も食べる可能性があります。猫が食べると危険な観葉植物があるので、自宅に置いてある場合は猫が誤ってかじらないように注意してください。

猫が食べると危険な観葉植物 その1 ポインセチア

クリスマスシーズンによく見かける鮮やかな葉っぱのポインセチア。とてもメジャーな観葉植物ですが、猫が食べると口周りの炎症、下痢などの中毒症状を引き起こします。ポインセチアの樹液と葉には毒があります。クリスマスシーズンにポインセチア同様人気のあるシクラメンですがこちらも毒性があるので注意が必要です。

猫が食べると危険な観葉植物 その2 ポトス

非常にお手入れも楽で育てやすさが魅力のポトスですが、やはり猫が食べると中毒症状を引き起ります。ひどい場合は急性腎不全になり死に至る場合もあります。猫によるポトスの誤飲は非常に多いので、猫がいるご家庭では極力置かないことをおすすめします。

猫が食べると危険な観葉植物 その3 ユリ科の植物

お祝い事でいただくことが多いユリ科の植物ですが、ユリ科全般につよい毒性があります。花粉が目に入ると失明の恐れがあります。また切り花を生けた花瓶のお水を飲むだけでも中毒症状を起こすケースもあります。基本的にユリ科の植物は置かないほうがよいでしょう。

猫が食べると危険な観葉植物 その4 アイビー

コウギ科の観葉植物でお手入れが楽でツルがぐんぐん成長するアイビーです。葉が垂れ下がることで猫が興味を持ちやすいです。毒性があるので危険です。

猫が食べると危険な観葉植物 その5 アジサイ

じめじめした梅雨に鮮やかな色の花をたくさん咲かせ、大変風情がある花ですが青酸配糖体と呼ばれる成分が含まれており、誤って食べると消化器官で猛毒の青酸に変化します。葉・茎・蕾に毒があり、ほんの少しかじっただけでも中毒症状がでます。

人にとっては癒し効果が高い観葉植物はお花ですが、猫には大変危険です。中毒症状が出ていなくても、数日後に影響が出る場合があるので花や観葉植物がボロボロに噛まれている場合は動物病院で相談しましょう。また猫が噛んだり食べたりしないように置き場所を工夫したり、猫がいる部屋には極力危険な植物は置かないようにしましょう。

観葉植物は私たちに癒しを与えてくれますが、猫にとってはとても危険な植物が多いです。購入する際は猫に安全かどうか、よく確認してから購入するのがよいでしょう。また中毒症状は数日経ってから症状が出ることがあります。観葉植物がボロボロにかじられていたら獣医さんに相談しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です